胸郭出口症候群

胸郭出口症候群!?

胸郭出口症候群」という病気をご存知でしょうか?あまり聞きなれない方も多いでしょうが、最近では健康番組などで紹介されることも増えてきた症状です。でも、「どんな病気?」と思われる方も多いのではないでしょうか?

はっきりした原因は不明であっても、いつも必ず幾つかの症状が伴ってあらわれる時に病名に準じて使う医学用語を症候群(シンドローム)と呼ぶのです。

ひょっとしたら、あなたが肩こりだと思っているのは胸郭出口症候群かもしれませんよ。

胸郭出口ってどこにあるの?

胸郭出口とは文字通り読めば第1肋骨と胸骨柄と第1胸椎で囲まれた部分ですが、胸郭出口症候群では頚部と胸部の境目にある「胸郭出口付近」を指しています。この部分には手や腕へ向かう主要な血管や神経が通っているので圧迫障害が発生するとシビレや痛み、筋力低下などが引きおこされることがあるのです。

胸郭出口

胸郭出口症候群になりやすい人は?

どうして?通常20歳前後にみられ、首が長く、なで肩で比較的華奢な女性に多くみられるようです。

特に女性に多いとされる理由のひとつとしては、肩周辺の筋力が弱いので腕が下に下がってしまう事が言われています。

胸郭出口症候群の代表的なもの

では、代表的な胸郭出口症候群についてみてみましょう。

肋鎖症候群

肩のゴリゴリ音胸郭出口症候群のなかで最も多いとされるタイプ。鎖骨と第1肋骨とのスキマで神経や血管が圧迫されているもので、症状としては肩・腕・手・指や背面に痛みやしびれなど主です。

原因として、鎖骨や第一肋骨の変位・鎖骨や肋骨を骨折した後の位置異常や変位などが考えられます。重たいリュックサックを背負い続けることでも発症リスクが高いのでBackpack palsy (神経叢麻痺) と呼ばれることもある。

斜角筋症候群

右肩の痛み頚部にある前斜角筋と中斜角筋という筋肉の間で、鎖骨下動脈と腕神経叢が圧迫されている状態を指します。症状としては、肩から腕や手にかけての痛みや痺れ・感覚異常・脈拍低下・皮膚温度低下や、手の指先の小さな動脈の血流不足が発作的に発生し、「冷感」や「皮膚色の変化」が現れる血行障害などが挙げられます。

過外転症候群

肩のゴリゴリ音「小胸筋症候群」とも言われます。肋骨と鎖骨の間から出てきた神経と血管はワキの下を通って腕にのびていきますが、ワキのすぐ直前で小胸筋という筋肉がこの神経と血管を覆うように付いています。

腕を大きく横に広げて、上のほうに持ち上げる動作を『肩の外転』と言いますが、このときに小胸筋が引き伸ばされます。この小胸筋が異常に緊張して、胸郭出口症候群がおこるものを、過外転症候群といいます。

頚肋症候群

右肩の痛み頚肋骨とは、第7頚椎・第6頚椎から肋骨の名残りのような骨が発生している状態です。この頚肋は持っている人が大変レアなケースだと言えますが、その頚肋が鎖骨下動脈や静脈、腕神経叢を圧迫することによっておきる症状が頚肋症候群です。また、頚肋があるから必ず症状が発生するわけではありません。

 

胸郭出口症候群
最新情報をチェックしよう!

胸郭出口症候群の最新記事8件

>「肩こり|猫背矯正」のお悩みは

「肩こり|猫背矯正」のお悩みは

福岡市/博多/天神エリアで選ばれている姿勢改善の専門家「整体タカノスカイロプラクティック」。 通いやすい整体として、安心できる施術を提供できるよう心がけています。あなたの肩こり・猫背のお悩みもぜひ福岡市の整体タカノスカイロプラクティックへご相談ください。

CTR IMG